プロキオン 副作用

プロキオンって副作用あるの?成分から徹底調査

プロキオンは指定医薬部外品という他の精力剤にはない特徴を持っています。

 

厚生労働省によりその効果・効能が認められた有効成分オキソアミヂンを主成分とした精力剤です。

 

バイアグラなどのED治療薬と違い、緩やかに効果を及ぼすので副作用が無いのもううれしい点です。

 

プロキオンの効果や副作用、成分などについて調べてみたいと思います。

 

プロキオンの効果
指定医薬部外品としてプロキオンに認められている効果・効能は、滋養強壮、肉体疲労時の栄養補給です。

 

滋養強壮製剤のプロキオンには、精力増強効果があるのでしょうか?

 

公式サイトに書いてある対象となる男性の悩みは、

 

気持ちはあるけど、体がついてこない・・・
芯まで力が入らない・・・
いつまでもパートナーと円満でいたい・・・
最後まで気力・元気が続かない・・・
二人の時間も積極的になれない・・・

 

など、精力減退や勃起力の低下、持続力の低下などを想像させる言葉がならんでいます。

 

実は、肉体的な疲労が、精力や性欲の減退、勃起力の低下などの原因の一つにあげられるんです。

 

プロキオンは、厚労省に認められた滋養強壮という効果・効能で、肉体的疲労を改善して精力増強や勃起力の改善を促していくんです。

 

 

プロキオンの成分
プロキオンの主成分は、医薬部外品として「滋養強壮」や「疲労回復」という効果があると承認されている有効成分オキソアミヂン(スコルジニン)です。

 

プロキオン(2錠あたり)に配合されている成分
・オキソアミヂン  200mg
・トコフェロール酢酸エステル  10mg
・チアミン硝化物  3mg
・その他、酸化防止剤など

 

トコフェロール酢酸エステルはビタミンE、チアミン硝化物はビタミンB1のことです。

 

 

トコフェロールは、ビタミンEのことです。トコフェロールは医療用にも用いられる成分で、末梢循環障害の改善や過酸化脂質の増加防止などに効果があります。

 

末梢循環障害は、毛細血管の血流が悪化している状態です。トコフェロール(ビタミンE)を摂取することで、血流の改善が期待できます。ペニスへの血流を重視して、精力剤に配合される成分です。

 

疲労回復が期待できるので、栄養ドリンクには必ず配合されています。

 

チアミンは、先ほどのオキソアミヂンと一緒に接すすることで、疲労回復の効率が高まる効果があります。

 

 

プロキオンに配合されている有効成分オキソアミヂンで、それをトコフェロールとチアミンの2種類のビタミンが血流改善や疲労回復をサポートしているということですね。

 

 

 

 

プロキオンの主成分オキソアミヂンの効果は?

 

オキソアミヂンは厚生労働省が科学的根拠があるとして承認している有効成分です。

 

オキソアミヂンの効果・効能は、血管拡張作用や抗酸化力による様々な健康効果が期待されます。

 

オキソアミヂンに期待される主な効果
滋養強壮
疲労回復
血流の改善
精子量の増加
テストステロン(男性ホルモン)の分泌促進
高血圧や血栓症の予防

 

オキソアミヂンの精力増強効果の評価は?
滋養強壮や疲労回復効果は、肉体的疲労を原因とする精力減退に効果が期待できます。

 

血流の改善は、ペニスへの血液の流れをスムーズにして勃起力を高める効果が期待できますね。

 

精子量が増えて溜まれば出したくなるので、性欲亢進にもつながりますね。

 

 

オキソアミヂンは、発見されてから医薬品にも配合されていますが、これによる副作用などは報告されていないようです。

 

プロキオンは、医薬品ではなく「穏やかな効果を持つ医薬部外品」です。

 

飲んでスグに勃起するなどの即効性はありませんが、副作用もないので安心して服用することができます。

 

→ プロキオンの公式サイト