プロキオン 即効性

プロキオンで下痢!?人気の精力剤プロキオンの副作用は?

精力剤のプロキオンを飲んで、下痢とかお腹の調子、体調がおかしくなることってあるのでしょうか?

 

プロキオンは医薬部外品なので、薬のような即効性はなく緩やかに効果があらわれてくるので、副作用のリスクはほとんどないとのことです。

 

プロキオンの有効成分の「オキソアミジン」の1日の摂取目安量は200mg(2カプセル)です。

 

この量は、にんにくをまるまる1個食べるのに相当します。

 

にんにくを1個も食べたら、気持ち悪くなってしまいますね。ニンニクに含まれるアリシンという成分が胃の粘膜を傷つけて下痢になってしまう人もいます。

 

プロキオンは、ニンニクに含まれるオキソアミジンという成分だけを抽出しているので、下痢などになる心配は少ないとされています。

 

そうはいっても、口から体内に入れるものなので、個人差があります。

 

実際に、プロキオンを飲んでお腹の調子が悪くなったので飲むのをやめた、という口コミもあります。

 

また、プロキオンは用法・容量が決められているので、一度に大量のプロキオンを飲んだりすると、体調がおかしくなることもあるので注意が必要です。

 

お試しパックがあるので、自分に合っているか、飲み続けられるかを確認してから、継続して飲むかを決めるのが良いですね。

プロキオンの安全性は?毎日飲み続けても安心なの?

プロキオン(Procyon)は毎日飲み続けるものなので、安全性が気になりますよね。

 

プロキオンの販売元は京福堂ですが、製造元は天真堂という製薬メーカーでGMP認定工場で製造されています。

 

GMPとは厚生労働大臣が定める「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」の略称です。

 

GMPを簡単に説明すると、医薬品や医薬部外品の製造において、次の機銃をクリアしなさいという省令です。
・人的な間違いを最低限にする
・医薬品および医薬部外品の汚染及び品質低下を防止する
・高い品質を維持する

 

 

プロキオンを製造している天真堂は、厳しい基準を全てクリアして医薬品製造の許可を得ているんです。

 

プロキオンは、品質管理基準をクリアした国内のGMP認定工場で生産させれているので、品質が高く安全性も高いのですね。

 

しかも、厚生労働省の認可が必要な指定医薬部外品として一般に販売されているので、2重の意味で安全性が高いといえるということです。